自然に抜け落ちるまで

歯科医院へ行き、歯を抜くつもりはないのに歯科者さんから、


「この歯は抜きましょう」


と突然言われたら、あなたならどうしますか?


「先生にお任せします」


と一任するか、


「今日はそのつもりはないので、待って下さい」


と言うか。(自分でどうしても我慢できず抜きたいという場合は別です)




歯は意外と丈夫です。

ひどく痛くないのに、なぜ?と疑問を感じたら、抜く前に考えましょう。


重度の歯周病でも根しか残っていなくても、折れたり割れたりしていても案外残せます。


少し腫れているなら歯肉と歯を優しくマッサージ&ブラッシング。

根気強く努力していくと、腫れは引いていきます。


そして、痛みも取れて、根が丈夫なら根だけを残して「残根上の義歯」という方法があります。


不思議なことに、歯が体に良くないと認識すると、自然に抜け落ちてしまいす。


抜歯を決断する前に、歯を残す努力をするのも一考です。


                             歯科衛生士 武田清美


T字型歯ブラシボニカは、少し腫れている場合、歯肉も同時に当たるためマッサージを兼ねたブラッシングができます。


もし血が出ても、あまり気にせず磨いて下さい。

だんだん歯肉が引き締まって出血が収まります。


丈夫な歯肉を育てることは、歯周病を防ぐことにもなります。


注)上記のような場合、歯ブラシの固さはやわらかめを選んでください。

T字型歯ブラシボニカ

広島の歯医者さんが考えた T字型歯ブラシボニカ。 新発想の歯ブラシは、これまで届きにくかった歯の裏側や 奥歯にしっかりフィットし、歯垢がとてもよく落ちツルツルに。 かんたんに歯垢が落ちるT字型歯ブラシボニカで 健康的な歯をあなたも手に入れませんか?

0コメント

  • 1000 / 1000