噛むことは良いことづくめ

「よく噛んで食べる」


という事がダイエットや体重管理には欠かせないと、よく言われます。


さらに、噛むことは認知症予防・治療にも大変有効です。

脳に刺激を与えることになるからです。


食べ物を噛み砕くとその振動が脳に伝わり、歯の根から神経伝達物質が増加し、その刺激で脳の血流が増加し、脳の働きが活性化されます。


また、よく噛むことで、だ液もしっかり出て消化を助け、虫歯予防にもなります。


近年は食事やおやつなどでやわらかい食べ物が多くなっています。


食べ物はひと口ずつよく噛み、おやつにはお煎餅、するめなどの硬いものなどで歯やあごを刺激することは、脳のみならず、身体全体の為にも大変良いことです。


(歯科衛生士 武田清美)


歯がないから噛めません、、

T字型歯ブラシボニカ

広島の歯医者さんが考えた T字型歯ブラシボニカ。 新発想の歯ブラシは、これまで届きにくかった歯の裏側や 奥歯にしっかりフィットし、歯垢がとてもよく落ちツルツルに。 かんたんに歯垢が落ちるT字型歯ブラシボニカで 健康的な歯をあなたも手に入れませんか?

0コメント

  • 1000 / 1000