力を抜いて歯をみがくということ

みなさん、こんにちわ。


みなさん歯を磨くときはどんな力加減で磨いていますか?



以前の記事にも書きましたが、歯科医院へ行ったら、歯医者さんに


「力を入れて磨いていますね」


と言われました。


当時は、とにかく歯が沁みていたのです。

冷たいものや温かいものだけでなく、笑ったときも!

(笑うと口を開けるので風が入る、その瞬間に 笑)


これはもう、歯周病だな、と思いました。


そう観念していたのですが、

歯医者さんに、


「磨きすぎが原因で歯が沁みる」


と言われた時には、本当にびっくりしました。


「歯周病じゃあないんですか?」


と聞きなおしましたよ。



それ以来、歯をとにかく優しく磨くようにしています。


通常の歯ブラシだと、


鉛筆を持つように磨くペングリップがすすめられていますよね。


ボニカの場合、持ち手が太いので余分な力が入りにくくなっています。

そのために、握った状態でも力は分散されています。

(私はそれでも強く磨いていたようですが・・)


ボニカをお好きな持ち方で持って頂いて、軽く歯に当てて磨く


これで歯と歯茎に優しいブラッシングができます。


この方法で磨くようにして、いつのまにか歯が沁みなくなりました。



歯を磨く、顔を洗う、子供やペットとふれあう、仕事をする、、

私たちの日常には、力を抜いた方がいいことがたくさんあるような気がします。



どうぞどうぞ、みなさんも力を抜いて歯磨きをして、そこから感じられる心地よさを

味わえますように。


T字型歯ブラシボニカ

広島の歯医者さんが考えた T字型歯ブラシボニカ。 新発想の歯ブラシは、これまで届きにくかった歯の裏側や 奥歯にしっかりフィットし、歯垢がとてもよく落ちツルツルに。 かんたんに歯垢が落ちるT字型歯ブラシボニカで 健康的な歯をあなたも手に入れませんか?

0コメント

  • 1000 / 1000