20代で歯周病?

こんにちわ。

ボニカスタッフの武田きみです。



今日は、私自身のボニカストーリーを

お話ししてみたいなと思います。



私はもともと唾液の量が多いためか、

お菓子が好物にも関わらず

虫歯はほとんどありませんでした。



そういうこともあって、

歯には何の不安も持っていませんでした。



ある時歯科医の父が、レントゲンを撮ってみよう、

と言いました。(たまたまだったと思います)



すると、忘れもしない言葉・・・



「この子歯茎が下がってる〜!」



歯茎が下がるってどういうこと?



よく分かりませんでしたが、

どうやら良くないことみたいでした。



父曰く、歯茎が下がるのは歯周病で、

しかも当時の年齢(20代)でその状態。

歯科医としては、恐ろしい未来を予見してしまったのでしょうか。笑


一般的に歯周病は、以下の要因が考えられています。

*口腔内の環境*

・歯石

・歯並び

・不良習癖

・不適合な冠(クラウンなど)

・その他 悪い噛み合せなど


*生活習慣*

・ストレス

・運動不足

・食習慣

・喫煙

・睡眠不足

・その他 歯みがき習慣 遺伝 肥満

 女性ホルモンの影響 薬の影響など



私の場合は、

特に当てはまるものはなかったと思うのですが

やはりストレスがあったのでしょうか。



とにもかくにも、一体どうなってしまう

のだろうかと心細くなったのを覚えています。



そうして時を経て・・・

(この間、結局何もしていなかった 苦笑)



父が歯ブラシを開発しました。



校医を務める小学校で、歯ブラシ指導を頼まれたことが

きっかけでした。



何やら歯ブラシ作りに熱心になっている父。



もともと発明好きだったので、

今度は何を作るんだろうねと

思いながら。



それが、のちに私の歯を救ってくれる歯ブラシとなったのです。


続く



T字型歯ブラシボニカ

広島の歯医者さんが考えた T字型歯ブラシボニカ。 新発想の歯ブラシは、これまで届きにくかった歯の裏側や 奥歯にしっかりフィットし、歯垢がとてもよく落ちツルツルに。 かんたんに歯垢が落ちるT字型歯ブラシボニカで 健康的な歯をあなたも手に入れませんか?

0コメント

  • 1000 / 1000